1月23日やっと彼に逢えたんだ!

  • 2016.01.27 Wednesday
  • 01:47

どうも、

497回目の更新です。

もうすぐ500回やね。

嬉しいよ、私。


497回。

キリの悪い数字ですが。

ちょっと真面目なブログを書くよ。


っていうのも。

私。この前の土曜日。

これに参加してきてん!!


(正確には、23日の内覧会に参加したぜ!)

暖冬が我々を裏切って。

手のひら返し。

記録的寒波。

痛いぐらい寒い土曜日。

北風がサディスト。



それはそれは厚着して。

ホッカイロしょって。


兵庫県立美術館。








本当は、個展が終わってから。

すべりこみで。行こう!

って思ってたんやけど。

(好きすぎて、自分を見失う自信があったから。)


我慢できんかったよ。





逢いたかったよ!!

モランディ!!!




待ちに待ってたんや。

ようこそ、日本へ。


そして今回の内覧会。



ブロガーとして。参加。

ブロガーって

ブログがめっちゃ前に出てる感じに。

一人

照れたよ。



私。ブロガーやねん。


ということで、

ちゃんとレビューせなアカンな。





内覧会ということで。

今回、チーフ学芸員の江上さんのレクチャーから始まってて。


(すごく久しぶりの学びの時間)

なんというか。

「好きな人のことは、どんどん知りたい!」

「好きな人のことを、考えてたらお腹もすかない!」

みたいな。

江上さんも、きっとそうゆう人で。

もう、それはそれは楽しそうに、

モランディのことを語っていて。

真剣に考えていて。

凄かった。


この場にモランディがいたら。

こんなに嬉しそうに自分のこと

語られてたら嬉しいだろうなぁって。






そして、

色々、知って。

じらされて。

展示会場へ。







もう、本当に。

素晴らしかったよ。


だから、私。語る。


モランディの絵ってな。

難しいことしてないからか、

描き方みたいな、

技術的なとこは、

わかりやすいの。

でも、

絶対に

モランディの絵はモランディ以外

描けない。


モランディの

シンプルで一途な仕事は。

そんなことじゃないのさ。


あの、味わい深さ。

あぁ、ずっとここにあって欲しいなぁって思える。

尊さ。

こみあげる愛おしさ。



おじいちゃんとおばあちゃんの家の

古ぼけた神棚のことを思いだして。

まっちゃミルクの飴の味がよぎって。


絵に集中したいのに。

なんか、違うことばっかり考えてしまって。


絵の前で、どんどん時間がすぎていって。



そして、

なぜか。

ごめんなさい。

って気持ちになったよ。







本当に、心から。

優しくて強いものの前で。

私、ひれ伏したよ。


モランディ。ホンマに強い。


身長190cmあって。

いつも同じような服で。

同じ所にずっと住んで。

旅行にも行かないで。

モチーフもサイズも同じようなものばかりで。

「人生も作品も動きのない作家。」

って言われてるんやけど。


それって、

本当に、自分を信じていないと出来へんことやん。


どんな作家でも。

「あいつよりも売れたい!」

「新しい時代を築いていきたい!」

とか。あると思うねん。


むしろ。

ボリュームは違うにしろ

そうゆう、ちょっとオラオラな闘争心こそ。

モチベーションやったりするやん。

自分の限界に挑戦してみて。

クリアして。

「よっしゃ私、成長した!!」

「新しい自分発見!!」

みたいな。

そうゆうのって、続けていくうえで、必要やったりすると思うの。


でもモランディは違って。

「静かに仕事をさせてくれ。」って

何にも、惑わされずに。

自分の仕事を貫いてて。

モランディにしかないこだわりがあって。


今回、モランディのことを沢山知って。

あくまでも私の思ったことなんやけど。

モランディの強さは。

弱さのない強さやねん。

コンプレックスとか劣等感とか。

なんか、そこらへんのことの為に、

強くならなアカン時ってあるやん。


でも、モランディは、そもそもの弱さがないから。

強くなる必要がないところが。

ただただ強いねん。



生涯

大きな作品を描かずに。

抱きしめれるぐらいのサイズしか

描かなかったモランディ。




カッコよすぎるやろ。


大きな体で、

モチーフ並べて、

一途に

仕事をしているモランディを想像したら。

たまらん気持ちになるよ。


まじりっけのない真面目な優しさと。

真摯な仕事。

ただ、そこにあるものを。

愛おしむ力。

何とも、戦ってないから出来ることなんやと思う。



もっと、モランディについて。

作品について。

上手に語りたかったけど。

これが限界。

ブロガーとして

卑怯なこと言いますが。

言葉に出来ないぐらい、素敵な作品たちでした。




ぜひ。本物を見てほしい。

ホント。マジで。

時間、止まるから。


あと、モランディのデリケートな

温度を感じるなら。

やっぱり、

今ぐらい寒くて良かったよ。

あったまった。






とにかく。

モランディ

ホントに、ホントに。おすすめ。

2月14日まで


(誰かと語り合いたい。)


以上。

ブロガーの私より。

愛をこめて。


2月14日までに、何がなんでも。

もう1回いこうと思います。

(次は、一般ピープルとしてー)



ではでは。






























 
コメント
こんにちわ。初めまして、ブロガー向け内覧会に参加してました、どどど と申します(メガネ、マスク、青のでかいトートバッグの♂)。このコメントのurl欄に自分の記事のアドレスを…。
モランディも内覧会の企画も素敵でしたね^^
参加できて本当に良かったと思います。
あ、個展前で大変でしょうけど…。
(誰かと語り合いたい。)と書かれてますが、
私も鑑賞後の座談会?の続きみたいなのをネット上で出来ると良いな、と思います^^
やっぱり兵庫県立美術館のFacebookのブロガー向け内覧会:
https://www.facebook.com/artm.pref.hyogo/photos/a.135438726607671.32502.134030853415125/555192187965654/?type=3&theater
のコメント欄とかでしょうかね?、良さそうな場所は…。

いきなり長々とすいませんm(._.)m
(ツイッターでは
https://twitter.com/dddo2it
  • dddo
  • 2016/01/29 4:16 AM
dddoさん>>>
コメントありがとうございます!
(メガネ、マスク、青のでかいトートバッグの♂)のdddoさん
ごめんなさい。私、モランディに夢中すぎて、ホント周りを見ていなくて、その他のこと、あまり記憶に残っていないのです。
dddoさんのブログ拝見させて頂きました。
写真が素敵でしたー

語らいの場について、私のブログを読んでいただいらわかると思うのですが、私の語彙力がなくて。
ですので、ネット上で上手で、人と上手にコミュニケーションとれる自信がないので、引っ込んでおきます!

それにしても、本当に素敵な企画でしたね。
ほくほくです。
  • レミファソ高野
  • 2016/02/04 10:51 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

categories

recent comment

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM